京都府京都市の賃貸情報。京都の不動産情報の検索は「sumoo」におまかせ!

京都賃貸 sumoo トップページへ

お部屋探しの手引き

1.部屋探しの時期

部屋探しの時期は2ヶ月前位が目安です。現在の住んでいる物件の契約書に記載されている解約予告の期間に注意をします。 解約の準備をしないままに新居の契約をしてしまうと、家賃が二重に発生します。遅い時期から部屋探しをすると、契約までの時間が短いので、 良い物件を見逃すことになりますし、あまり早い段階に良い物件を見つけても、その物件を押さえておくも難しいですし、 契約してしますと家賃が二重に発生してしますので探し出すタイミングはとても重要です。

転居に必要なお金

新しく住居を借りるのにどのくらいの費用が掛かるのか?一般的に敷金の2ヶ月、礼金2ヶ月、手数料が1ヶ月分、 前家賃1ヶ月で契約に必要な金額は家賃の約6か月分です。このほかに引越費用、新居での備品等がかかってきます。 例えば家賃6万円の物件であれば、初期費用が6万円×6ヶ月分 36万円+引越費用+備品がかかります。 また、現在住んでいる物件の契約状況に応じて現在の家賃と新居の家賃の二つの家賃が発生する(ダブル家賃)場合があるのでその辺りも注意が必要です。

2.部屋さがしの方法

イメージを持つ

部屋探しをするときに必要な要素、家賃、間取り、地域、築年数など多くの要素があります。これらの要素を選定するのに不可欠なものがイメージ。 どこに住みたい、家賃はこの位まで、この条件は必須など、これから自分がどんな生活をしたいのかをシッカリイメージすることと情報収集がとても 大事です。相場を把握すればよりイメージをつくりやすくなります。

情報収集

情報収集の方法には、直接不動産屋さんに出向く、雑誌等の広告物、インターネット、等があります。直接出向く場合はネット媒体や広告物に出ていない、お 徳な物件や掘り出し物件がある場合がありますし色々相談に乗ってくれるところが良いところです。 雑誌・広告物であれば発行スケジュールの関係で空室が埋まっているなどの情報の鮮度には劣る部分がありますが、多くの物件を一度に並べて 見ることが出来るのがメリットです。インターネットであれば多くの物件情報を自宅で細かい部分まで見れて、情報が新しいのが良いところです

相場の把握

相場はいくつか物件を見ていれば地域の相場、間取りの相場、築年数・設備等の相場が見えてきます。 このときに間取りを決めて地域の相場を見たり、地域を先に決めて間取りの相場を見たり、一つの条件を固定して見ると相場が掴みやすいでしょう。